春を感じるハイキング

春を感じる岩躑躅の開花 暮らしのこと

春が来る。
毎日が暖かくなり花が咲き、山も鮮やかに彩られる。
近所でも色んな花が咲いて、散歩をするにも楽しい季節だ。
花粉症さえなければの話だが… 重度の花粉症持ちの僕には一年で最もしんどい季節でもある。

それでも春の景色は心が楽しくなる。


春のハイキング

春は僕の周りでも沢山の方が山を歩きはじめる季節だ。
冬は寒くて出不精になっていた方が「そろそろ花でも見に行こうかな」と動きはじめたり、新年度を迎えて新しい趣味を見つけようとする方、GWが近づいてアウトドアを楽しもうという方と、色んな方が山を歩く。

宮崎市周辺でも山に春の花が咲き始めて、なんだか山も新しい人が来るのを歓迎しているように見える。
岩躑躅の花は宮崎県の山の中でも、特に最初の方に咲き始めるのではないだろうか。
国富町にある釈迦ヶ岳では、見頃を迎えており眺めていてとても温かい気持ちになる。

また、その周辺の沢沿いではミツマタの花がちょうど見頃を迎えており、春の香りに誘われた蜂が集まっている。

春の香りを漂わせるミツマタの花

春の香りを漂わせるミツマタの花

もう少しすれば、西米良村の方面でもミツマタやミツバツツジ等が咲き始める頃だろうか。
4月も中旬から下旬~GWにかけては、ミツバツツジ、ヒカゲツツジ、アケボノツツジと、宮崎県北部の山では躑躅見学の登山者でとても賑わう季節になってくる。

国富町の山に岩躑躅が咲くと、そうした春の行楽シーズンの始まりだなぁと、いよいよ春が到来したことを実感する。
宮崎県に移住して10年以上になり、毎年こうした事を考えながら春を迎える。その中で毎年新しいことを色んな方々に教わりながら昨年の春よりも今年の春の方が知っていることも多ければ楽しみなことも増えていく。

宮崎県に移住した時は、花なんて全く関心のなかった僕だけど最近ではこうした事を感じながら生活することは、とても豊かで素晴らしいことだと思うようになった。
それもやっぱり色んな諸先輩方のお蔭なのであります。また今年も色んなことを教わりながら来年の春には、また新しい感動を感じながら春を迎えると思えばなんだか毎年毎年が同じ春であるにも関わらず、嬉しい春になるのです。