キンドリングクラッカー -Kindling Cracker-

キンドリングクラッカー オススメ

僕の家の前は車通りも少なく、昼間でも鳥のさえずりと牛の鳴き声くらいしか音がしない。
そんな中で少なくなった焚き付けを準備していると、静かな場所に「カンカン」と焚き付けを作る音が響く。ご近所の方はその音がすると僕が薪の準備をしていると分かっているので、たまに散歩ついでに声をかけてくれる。

静かな中で焚き付けを作る「カンカン」という音と、牛舎から聞こえる牛の鳴き声。
暖を取る近所の方の焚火の煙を眺め黙々と作業する。
ふと「田舎だなぁ」と我にかえる。


キンドリングクラッカー

僕は焚き付け作りにキンドリングクラッカーという商品を使っている。
それまではキャンプの時も小さな斧を使って焚き付けを作っていたが、この道具を手に入れてからは焚き付けはこの道具ばかりである。
使い方は説明するより代理店の動画の方が分かりやすい…

動画:薪ストーブのファイヤーサイド

使ってみれば分かるのだが、焚き付けは簡単に作れて単純作業だが意外と楽しい。
キャンプ場にわざわざ持って行くには少し邪魔になるが、自宅で焚き付けを作る方がいらっしゃれば本当にお奨めである。


休日はだいたい作業指示

先日の福岡出張で疲れ、仕事の休みでのんびりしようとしていると妻からLINEが届く。
「焚き付けがなくなったから作ってて」

休日に家でのんびりという事は本当に少なくなってしまった。(別に問題がある訳ではないが)
ここ最近は寒さが厳しく、薪の使用量が半端ない。
とはいえダラダラと外で作業をしていても寒いので、ささっと作業を片付けようと薄着で外に出て寒さを感じないようにせかせかと作業する。

いただいていた焚き付け用の廃材をのこぎりで適度な長さにカットし、ひたすらキンドリングクラッカーでカンカンと焚き付けを作る。

のこぎりで廃材をカットする時間も合わせて小一時間で焚き付けの山が出来上がる。優れた道具である(笑)。
これで当分は焚き付けに困らないが、次は薪用の木をいただく予定になっているので自宅で薪割りが待っている。
次の休みもこうして予定が埋まる。


安全を考慮して作られた道具

もちろん「使いやすい」「便利」というのは当然のことながら、この便利な道具が13歳の少女によって考案されたという。
焚き付けを作る母親のケガを心配して考案したという、なんだか温かい道具である。

というストーリーをもとに「焚き付け作り」は妻にもやらせようと試みていたのだが、その目論見は失敗に終わり結局「薪作り」関連の仕事はすべて家では僕の仕事になっている。
とにかく、キンドリングクラッカーは価格も買いやすい価格で非常に便利な道具なので、自宅で焚き付けを作る方にはお勧めしたい。
あっという間に焚き付けができるので、キャンプ用の準備にも便利である。

僕にもそんな温かく便利な道具が作れればいいのになと思ってしまうものだ。

と、たまには道具の事を。
キャンプなり自宅用なり、焚き付けを作る方にはお薦めです。