お客様は神様じゃなければ、僕は仏様でもない話

仕事のこと

僕は短気だ。
短気は損気なんていうけれど
そんな僕もびっくりすることが起きた。

僕が年取ったのかなとも思ったけど
いやー気を付けましょうという話。


突然のLINE

夜、家で仕事をしていたら一通のLINEが届く。

「商品買ってやるから、どっか連れてけ」

相手は僕より5-6歳は年下の女性。

すげー文章だなと思いながらも
気にせず仕事をしていたところ

「おい!聞いてんのか」

いやいや、何様だと返信してもしょうがないので
最近忙しくて、なかなか時間がない旨を伝えると

「だから商品買ってやるって言ってんだろー」

速攻、買わなくていいよと返信しておしまいにさせていただいたのですが…

「どっか連れてけはないだろー」

と思った僕が年を取ったのか。
相手が失礼なのか。

一瞬考えたが、時間が無駄だと思い終了。

これは、最近の若者なのかと今更に疑問になりながら
面白かったので書いてみました。


別に僕は敬語を使ってもらわなければなんて思ってないので
年下の方にも、タメ口で話された方が気が楽だ。

「買ってやる」「連れてけ」「聞いてんのか」

これはすごい。

さすがに僕も仏様じゃないなと思いながら
命令口調は損しますよとお伝えしながら
少しだけ短気が治ったなと思った瞬間でございました。

「商品買ってやる」

さすがに、僕もこれは思ったことがないですが、
買い物する時にも、何かお願いするときにも
そういう風に思われないように気を付けましょう。

と、自分にも言い聞かせてみます(笑)
商売人って大変ですね…

あ、仲のいい友達だったら、ガンガンこんなLINE送ってもらっても大丈夫ですので(笑)
こんな口調で送ってくる友人はさすがに居ないけど…