暖かくなると近づくクライミングの話題とダイエットの季節

比叡山クライミング 遊びのこと

「クライミング」
山を歩くようになるうちに憧れるようになった遊びの一つだ。
幸い僕の周りにはクライミングに長けた方も多く、ご一緒させていただく機会も増えた。
初めて宮崎県延岡市にある「比叡山」でクライミングをする方を見た時は、こんなことをする人って本当に居るんだと驚きと憧れのような気持ちでずっと眺めていた。
そして、初めて登ったときは「そこに僕が居る」という感動よりも高所恐怖症の怖さが勝っていた…


寒波が過ぎての比叡山クライミングの計画

宮崎県も少し暖かさを感じる季節になってきた。
毎週金曜日にクライミングウォールに集まっているクライミングの仲間内でも、そろそろ岩場に行こうかという話が出始める季節である。

宮崎県の「比叡山」、鹿児島県の「金峰山」、大分県の「本庄」と色々な候補地が昨年から話題に出る。宮崎県はボルダリングでも有名な岩場も多く、仲間内で出かけようかという話題も昨年からちらほらと。

今年も3-4月頃には一度は計画して、仲間内で出かけるだろう。
出来れば比叡山に躑躅が咲くころ、岩場に咲く躑躅を眺めながらというのもいいものだ。
(実際には高い場所でそんな気持ちの余裕はなかなかないのだが…)


クライマー

上手に岩を登る方の姿はとてもカッコいい。
僕は一人でずっと山歩きをしていたので、クライミングはしたくてもできない遊びの一つだった。
当時インターネットで色んな山の情報を調べては、頻繁に出てくる某山岳会の方のクライミングのブログを見ては「素敵だなぁ」と羨ましく思っていた。
そして嬉しいことに僕が初めて比叡山でクライミングをしたのは、その山岳会の方と一緒だった。

僕はクライミングは下手だ。
恥ずかしい話だが、何より高い場所は怖い。

それでもクライミングというのはどうしても憧れてしまうし、結局は自分から「そろそろ行きましょうか」と切り出してしまう。
今年もそろそろ暖かくなる季節。金曜日の仲間内でも「初めてマルチピッチのクライミング」を楽しむ方も居る。
きっと、この投稿を読んで「おれのことか」と思うはずである(笑)。

今年は昨年よりも登る機会が多いだろうと、僕の準備は何よりダイエットから始まる。
最近太ってきたことに危機感すら感じなくなってしまった。

今日もしこたま飯を食って「明日から」という言いわけを、妻に3日ほど続けている。
上下左右に広がる美しい景色を、きちんと堪能できるようにまずは痩せなければ…